女性の性欲は男性に勝る

若い男性は活気にみなぎっていて、精力も旺盛。
見ているだけでも元気になれそうなくらいです。
一方で若い女性は落ち着いた雰囲気を持っています。
内心はどう感じているかは分かりませんが、男性のように性欲を外に出すことは
あまりないでしょう。

実は、性欲は男性よりも女性の方が強いのではないかとも言われています。
女性は噂話など自分にとってマイナスにイメージを他人に持たれることを嫌います。
「下品」「はしたない」
そんな言葉で片付けられてしまいます。
男性のように性欲を外に向けることが出来ない分、溜まってしまうことがあるでしょう。

また、男性は年齢を重ねていくうちに性欲は減退していきますが、反対に女性の性欲は
増していきます。
同年代の男性はセックスに興味がなくなっていくし、若い男性と歳を重ねた自分とでは
関係を持つことは難しい。
夫婦であれば、長年一緒にいる夫も自分の身体には興味がなくなって、性欲は溜まっていく
ばかり……。
男性のように一人で処理するのは恥ずかしい。
だから、女性は「逆援」をするのです。

男性が援助交際をしているのと同じこと。
女性が優位に立つということに抵抗を感じる方もいるかもしれません。
しかし、それに見合った報酬を貰っているのは確かでしょう。
年齢を重ねた女性はアブノーマルなプレイに興味を持っていることも多いですが、何より
身体を満足させたい。ただ、それだけです。

まだ逆援をしたことがないのであれば、性欲が留まることを知らない積極的な女性と関係を持ってみるのはいかがでしょうか?

アブノーマルなプレイ

年齢を重ねた女性というのは、アブノーマルな嗜好を持った方が多いでしょう。
毎日同じものを食べていれば、いつかは飽きが来るように、セックスも同じことをしているだけ
では、だんだんと面白みがなくなってしまいます。
ましてや、既婚女性になればその相手も同じ。
回数やプレイが淡白になるといった問題にも頷けるでしょう。

特に、女性は「言葉責め」や「拘束」といった羞恥心を煽られるプレイになると、興奮が増します。
中には本当に怖くて無理といった女性もいますが、アブノーマルな女性は大体このようなプレイを
好みます。
恥ずかしいことをされている自分を想像しているだけで、濡れてしまう。
そんな女性も多いです。
妄想を抱いてはいても、実行する相手がいないというのがほとんどの場合。

逆援では、女性の方が立場的に優位なので、男性は女性にリードしてもらうといった形になるでしょう。
ただ、上記のようなプレイの場合だと、どうしても男性側の協力も必要になってきます。
そんなプレイをしたことがないし、知識もないけれども大丈夫だろうかと思う方もいるかもしれません。
若い男性であれば、なおのこと経験は少ないと思います。

もし、逆援の内容としてアブノーマルなものが入っているのであれば、事前に確認することは欠かせません。
どこまでならば、自分は出来るのか。ここからは出来ないとしっかりと線引きをしておきましょう。
無理をしてやるよりも、女性に確認した上で行った方が気持ちも楽です。
貴方に魅力があれば、「それでもいいよ」と言ってくれるはずです。